お金が残らないのはなぜ?対策編

お金の見える化で無理のない資金計画を立てる

儲かっているはずなのに、お金が残ってない💦
事業者の方がよく仰ることの”あるある”ですが・・・
大きな原因は、お金の動きが見えてないから!です。
お金の動きを「見える化」する具体的な方法は・・
現金や預金を管理する現金出納帳預金出納帳をつけていくこと。
そしてお金をどう使ったかを管理する総勘定元帳などをつけていくこと。

これらの帳簿をつけるメリットは、次の3
❶お金の動きがわかる
❷日、週、月ごとに必要なお金がわかるようになる
❸❷によって資金をショートさせないための売上高がわかる
(どれだけの売上があれば、運転資金に支障が出ないかがわかる)

そして、現金(預金)出納帳を付ける際に大事なのは、
・個人(プライベート)のお財布のお金と事業(金庫)のお金をしっかり区分けするこ
・毎日、出納帳と事業の現金や預金残高を合わせること
・日々の売上をいったん預金口座に預入れて、各支払はその口座から行うこと

これらのことを日々しっかりやっていけば、
お金の動きが整理され、「見える化」されていきます。
「見える化」されることで、スムーズな資金計画が立てられ、
おのずと手元にお金が残っていく!はずです。

人間も散らかったお部屋では居心地がよくないですよね。
お金も一緒!
帳簿をつけて、きちんと整理されたところにお金も集まり、居心地よいから
出て行かずに留まってくれる!はずです。
帳簿付けの重要さはよくわかっているけど、
「時間がない!」「面倒だ!」と思われる方のために、
記帳代行サービスも行っておりますよ。

お金が残らないのはなぜ?~原因編~

関連記事

  1. お仕事で稼いだお金を生活費として使うには…

  2. 「お金の見える化」実践編

  3. お金が残らないのはなぜ?~原因編~

  4. お金が貯まりながら、節税できる秘策!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。