数字が苦手ではない方への授業もいたします!

今回の受講生さんは、数字への苦手意識はなく、家計の管理もすでにしっかりされてらっしゃって…
正直、私がお伝えすることがないような気がしますが(笑)

しかし、家計と事業のお金の管理は違ってくる部分も多々あるし、確定申告を意識した帳簿のつけ方、業績が上がる管理法などをこれから4回に渡りお伝えしていきます!

事業を始める方にありがちなプライベートのお金と事業のお金の混同が、この方はすでにしっかり区別できていました!
ただ、クレジットカードだけは、区別せず1枚で使われていました。

その理由は…
クレジットカードカードも、本来は個人のものと区別すべきなのですが、金額が多くなるほど優遇される特典の活用のためだと。
しかし、事業使用分を現金で支払う形にして、その分をカードの決済口座に入金しているようです。

この手法は、原則ではありませんが、ある一定の条件を整えると有効な手段となり得るのです。
こんな工夫をする知恵が働かれる方なので、帳簿付けの更なる知識を身につけられると、事業も発展していかれると信じます

将来的には扶養の範囲など気にせずお仕事されていくおつもりでしょうが、今年に限っては扶養の範囲内で働きたいというご意向だったので、その辺りのお話も致しました!

次回は、確定申告や事業上知っておくべきお得知識をお伝えします!

関連記事

  1. スキル高い方は、帳簿の理解も早っ‼︎

  2. 帳簿チェックもリモートで!

  3. 帳簿塾で学ぶメリット

  4. 「分けてスッキリ!おしごと財布」

  5. 努力の結果が数字に!

  6. 注意したい!持続化給付金振込が個人口座の場合

  7. 会計ソフトを使ってはいますが

  8. お金が残らないのはなぜ?

  9. 確定申告書の控えには税務署の受領印を!

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。