確定申告書の控えには税務署の受領印を!

確定申告書の控えには税務署の受領印が押印された控えを保管しておきましょう。

確定申告書の控えには税務署の受領印を!
税務署の受領印が押された申告書控えは、証明書の役割も果たせる場合があります。
受領印が押されているかどうかで、証明力に差が出ます。
受領印が無い確定申告書の控えだと、実際に提出された申告書と同一のものかを確認できないからです。

確定申告書と一緒に源泉徴収票など添付書類も台紙に貼って提出するのですが、コピーしておくこともおススメです!
添付書類の原本を提出してしまうと、手元に資料がないので、後日税務署からにお尋ねがあった時に、スムーズに応対できないかと…。

 

関連記事

  1. 注意したい!持続化給付金の会計処理 

  2. スキル高い方は、帳簿の理解も早っ‼︎

  3. 待たずに提出完了!

  4. 資金繰りを安定させるには。。

  5. 数字が苦手ではない方への授業もいたします!

  6. 気になってます!確定申告!

  7. 簿記を知らなくてもわかる帳簿塾

  8. 帳簿塾で学ぶメリット

  9. 注意したい!持続化給付金振込が個人口座の場合

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。