帳簿塾 3つの特徴

①マンツーマンだからできる!帳簿の家庭教師です

受講頂く方の業種に合わせた内容にカスタマイズいたしますので、基本的にはマンツーマンスタイルでの授業になります。
「こんなこと、今更聞けない、恥ずかしい」という思いは無用です。
気軽にご質問いただけます。

横によりそい事業を応援!

帳簿付けを「確定申告のためだから・・・」というお気持ちでやってると、「苦手だな・・・」「面倒だな・・・」という意識がついつい(笑)
年末間近になってバタバタと帳簿を付け始めて、決算書や申告書をなんとなく作ってしまい提出!
あるいは、
領収書の束だけ持って税務署や確定申告会場に出向き、職員さんにサポートして頂きながら、確定申告を済ませてしまう!
それで、
「ふぅ~ッ 今年もとりあえず申告終わった!」
そしてまた1年が過ぎ、同じことの繰り返し・・・ではないでしょうか?

今や各社会計クラウドシステムなどのおかげもあって、専門知識がなくても簡単に帳簿整理や決算書作成も可能になりました。
しかし、それはあくまで体裁が整ったというだけにすぎません。

個人で事業をはじめる方で、数字管理が苦手な方って結構多いですね!
経費精算を先延ばしにしたり、レシートの束から目を背けたり・・・
それは、今までちゃんと知る機会がなかったからではないかと思います。

帳簿塾は、数字が苦手な経営者の「困った!」「どうしよう!」「わからない!」によりそって事業を応援します。
私自身が個人事業主、法人代表、セラピスト、講師経験者であり、税理士事務所勤務で多様な業種に関わった経験が豊富であるからこそ、多くの方のニーズに対応できるかと自負しております。

26年度から、起業して個人事業主となったら、申告の有無、白色青色関係なく誰でも帳簿をつけなくてはならなくなっています。
記帳の義務化についてはこちら

「難しいんだよね・・面倒だよね・・・」がなくなる

テキストも数字や文字ばかりではなく、イラストを用いてイメージしやすいものにしています。
会計用語についても、わかりやすく解説していきます。

   

経営者個人のマネープランまで

特に個人事業主は会計上、「お給料」という概念がありません。
だからこそ、
毎月「お給料分としての額」をいくら確保すべきか?
個人のライフプランによって、いくら必要なのか?
いくら稼がないといけないのか?
が変わってきます。
その額を稼ぐためにはいくらの売上げが必要なのか?

の流れを提示させて頂きながら、会計についてちょっとお勉強をして頂き、具体的な帳簿のつけ方まで習得して頂きます。

➁丸投げorフォローで「面倒」「わからない」を徹底サポート

経営者のみなさんがイチバンに考えるのは集客、売上アップ、稼ぐことかもしれません。
ですが、お金に関わる数字の管理も大切なこと!というのをお忘れではありませんか?
数字の管理がルーズだと、せっかく稼いだお金を、目に見えないところ、気づかないところでどんどん使い、手元にな〜んにも残らず!
たくさん稼いでも残らなければ努力が無駄に。

あなたのビジネスが成功するカギは、ズバリ‼ 「帳簿」

年末間際になって確定申告のための準備を慌ててするだけのためだけの帳簿付け!
すごくもったいない帳簿のつけ方です。
帳簿は、日記のように思い出として残すものではありません。
帳簿が表す数字を見て現状を把握し、それを将来に活かしていかなきゃ‼
帳簿は儲かるための大切な情報源

とは言うものの・・・
帳簿付けの大事さはわかってはいるけれど、やっぱり、「面倒だし、難しそうだし」とお思いの方に!
塾で学んでいただくスタイル
代行させていただくスタイル
両面でサポートいたします。

③受講後の変化が楽しみに!

受講生様からこのようなお声もいただいています

⇒ ♦お問合わせ・お申込み♦